溝口博士の「しあわせ妊娠マニュアル」で不妊に悩む30代40代でも妊娠できる!

溝口博士の「しあわせ妊娠マニュアル」で不妊の悩みを解消!

不妊治療を続けているにもかかわらず、長い間妊娠できずに悩んでおられる方、溝口博士先生が考案した「しあわせ妊娠マニュアル」を是非お試しください!
 

 

30代40代でも妊娠できる

 

 

 

近頃は不妊で悩む方が年々増えています。不妊の原因は色々考えられますが、昔より女性が社会で働くようになり、結婚や、子作りを始める年齢が高くなっていることが大きな原因だと言われますね。

 

 

 確かに年齢的に若い方が妊娠する確立が高いというのは事実です。

 

 

妊娠するには、まず卵子や卵巣の質が良く元気である事が条件で、肉体と同じ様に一般的には若い人ほど卵子や卵巣が若く元気である事が多いからです。

 

 

 しかし、若くてもなかなか妊娠出来ない人や、一方では40歳を過ぎても自然妊娠して元気な赤ちゃんを産む人も多くいらっしゃいます。

 

 

それは卵子の質は実年齢だけでなく、体質や生活環境などによっても影響を受けるからなのです。

 

 

中国に古くから伝わる東洋医学の考え方では、実年齢より妊娠に関係する臓器である「腎」などが元気で若々しいか、と言うことが妊娠の鍵になります。

 

 

 体の体液や血液の循環を促し、体全体の機能を高めることにより妊娠力をつけていけば、今まで不妊で悩んでいた方も自然妊娠できる可能性は十分にあるのです。

 

 

 ですから、たとえ年齢が高くても卵子の老化を防ぎ、体を元気に改善することが出来れば妊娠の確率はぐんと高めることが出来ます。

 

 

 

逆に言えば、卵子の質が悪かったり体に妊娠を促す力が無いと若くても病院で高度な不妊治療を施しても妊娠は難しくなります。

 

 

それでは体に妊娠力をつけ、卵子を元気にするにはどうすればよいのでしょう?

 

 

その答えが溝口博士先生の「しあわせ妊娠マニュアル」にあるのです。

 

 

 

「妊娠することは本当は簡単だ!」と溝口先生は言われます。

 

 一般に病院で行われている不妊治療では 排卵誘発剤を使用しって排卵周期を調整したり、人工受精などを行いますが、元の卵子や卵巣の質が悪ければいくらこのような方法を行ったところで妊娠は難しいでしょう。

 

 

 卵子の老化を防ぎ、質を高め、体に妊娠力をつける妊娠しやすい体の基礎を作るには東洋式の治療が有効になります。

 

 

 

鍼灸と整体の資格を持つ東洋式医学の専門家でもある溝口博士氏は更に30年分子栄養学を学び、今まで2万人以上の方の治療を行ってきました。

 

 

 

その中で確立した、非常に効果的な不妊改善法で多くの不妊に悩む方を救ってきたノウハウの集大成が子宝の知恵シリーズ1『しあわせ妊娠マニュアル』なのです。

 

 

このマニュアルを実践するのに難しい事は全くありませんが、毎日30分はこのマニュアルの実践内容を行う必要があります。

 

 

しかしこのプログラムの内容を正しく実践すると、早い人では1ヶ月以内にも妊娠出来た例も多くあります。
 

 

自然治癒力を高めていくことにより体が本来持っている妊娠する力を引き出すメッソッドですので、続けていくと最初に体調や気分がとても良くなるのが実感出来るでしょう。

 

 

 

この「しあわせ妊娠マニュアル」ですが、3ヶ月しっかり実践されたにもかかわらず万一妊娠できなかった場合にはプログラムの代金は全額返金して貰えると言う保証がついていますので金銭的なリスクも全くありません。

 

 

体に害や副作用のあるような方法は一切使いません。肉体的経済的に安心安全なプログラムですので、 もし不妊でお悩みなら、6年間で2500人の方が実践し、自然妊娠に成功してきた溝口博士の「しあわせ妊娠マニュアル」を是非実践してみてください。
 

 


→「しあわせ妊娠マニュアル」お申し込みと詳しい説明はこちらから!