溝口博士の「しあわせ妊娠マニュアル」で不妊に悩む30代40代でも妊娠できる!

わらに妊娠を加速させる「ぷしょなるコース」の内容とは?

 
 
溝口博士の「しあわせ妊娠マニュアル」のメインコンテンツは前半1章から4章までの足湯法、ウォーキング法ストレス・マネジメント法「骨盤を整える運動法」と「妊娠体操」を中心とする「ベーシックコース」になりますが、後半5章から8章までの<「悩み別対処法」オプショナル・コース>では個別の対象法により、更なる妊娠体質強化を目指します。

 

 

 

 

基本的にはこの「しあわせ妊娠マニュアル」は、ベーシックマニュアルの内容をひと通り実践していただければ妊娠体質への改善はできるようになっています。

 

 

 

 しかし、特にベーシックマニュアルを実践しても余裕のある方などには、このオプショナル・コースは更に妊娠を加速させるためにも是非合わせて行っていただきたい内容になっています。

 

 

 

 

 

 

5章 「食事」と「睡眠」の質を上げる知恵

 

 

普段の食事で摂取する栄養や睡眠の質を意識し、改善して行く事は体の妊娠する力に大きな影響を及ぼします。

ちょっとした生活習慣や心がけにより、妊娠できるか出来ないかを分けてしまうことも多いのです。

 

妊娠に効果的な栄養素を摂ったり、質の良い睡眠を心がける事によってベーシックコースのエクササイズ同様に、体を暖めて血行を良くし、子宮や健康な卵子を作ることに役立ちます。

 

 

 

 

 

6章 デトックス(毒出し)で「妊娠体質」づくり

 

 

 

東洋医学では妊娠に特に大切な器官を腎と呼んでいますが、これは腎臓だけではなく体を正常で元気にする為に必要な様々な内臓などの器官の働きそのものを指します。

 

 ここではその中でも解毒に重要な器官である、腸と汗と肝臓の働きを高めることによってデットックスを行い、血行やリンパの流れを促して妊娠力をつけていく方法を説明します。

 

 

 

 

7章 「男性不妊」「二人目不妊」に悩むご夫婦へ

 

不妊に関する調査によると、不妊の原因は女性側だけではなく男性側にも50%近くあると言われています。

 

 

男性不妊の原因としては勃起障害、無精子症、乏精子症など様々にあります。

 

 

 特に最近はインスタント食品の容器やコンビニ弁当のパックなどに含まれる環境ホルモンなどの影響等により、現代の若い男性の精子の数が昔より大幅に減っていることも不妊に影響している可能性もあるため、問題となっています。

 

 しかし、不妊検査での採精などへの煩わしさや、仕事で中々時間が取れないなどの理由で不妊検査を受けたがらない男性が多いようです。

 

 

不妊は女性だけではなく二人の問題として考え、男性も不妊検査を受けたり悪い生活習慣を改めて体質改善をする事が大切だということを、この章を読むことにより理解する事が出来るでしょう。

 

 

 又、この章では二人目不妊の二大要因についても説明されています。

 

 

 

8章 「不妊治療」に迷いのあるご夫婦へ

 

 

年齢的なリミットを気にするがために、不妊治療等不妊改善を焦って行おうとする方も多いでしょう。

 

しかし、溝口先生は精神的な影響も含め、ストレスを溜めず不妊治療の成功率を上げるためにも、妊娠を焦ることは妊娠を目指す上で逆にあまり好ましくない事だといいます。

 

 不妊治療をやめたら妊娠したという方も多くいるように、焦らず気持ちを落ち着かせてじっくり妊娠力をつける気持ちでこのマニュアルを進めて行く心構えが結局は近道になると言うことです。

 

 

 

 

おわりに 3ヶ月で妊娠した人、しなかった人、その差とは?

 

 

 

「しあわせ妊娠マニュアル」の総括として、このマニュアルの進め方について具体的に解説しています。

 

 

 

溝口博士の「しあわせ妊娠マニュアル」トップページ